借金を引き継がない

相続放棄をするためにかかる費用について

亡くなった人が、プラスの財産の額をはるかに超える借金を背負っていたというケースが実際によくあります。そのまま何の手続きも取らずにいると、相続人がその借金の返済義務を受け継ぐことになります。でも、被相続人の死亡から3ヶ月以内に相続放棄の手続きを取るようにすれば、借金を受け継がずに済ませることができるようになります。相続放棄の手続きは、被相続人が最後に住んでいた住所地を管轄する家庭裁判所に対して行う必要があります。相続放棄申述書の用紙は無料でもらうことができますが、申述書に貼る800円の収入印紙代と400円前後の郵便切手代がかかります。また、被相続人の住民票除票や申述人の戸籍謄本を添付する必要がありますので、それらの書類の発行手数料も必要になります。自分で相続放棄手続きを取る場合であれば、これらの費用を負担するだけで済ませることができますが、専門サービスを利用した場合は、サービスの利用料が別にかかることになります。

上述した通り、相続放棄の手続きを全部自分自身で行うようにした場合は、2000円前後の出費で済ませられる可能性が高いです。そういった事務処理が得意で、時間的な余裕もあるという人は、自分で手続きを取るようにするのが一番安上がりになります。でも、現実的なことを考えると、事務処理が苦手な人や、仕事が忙しくて十分な時間を割くことができないような人がたくさんいます。この相続放棄の手続きは、被相続人の死後3ヶ月以内に行わなくてはならないことになっていますので、モタモタしていると期限内に手続きを終わらせることができなくなってしまいます。申述期限に間に合わせることができなかったばかりに借金を相続するハメに陥ってしまう人が実際に存在しています。そのため、最近では、料金を支払って相続放棄の専門サービスを利用する人が増えてきました。